こんにちは生心伝心スタッフの太田です。

 

今回から相続税の話をしていきたいと思います。

相続税とは亡くなった人(被相続人)の財産を相続するときに係る税金です。

世の中「相続対策、相続対策」とたくさんアナウンスされているので聞いたことがある人も多いでしょう。では、なぜ相続対策をするのかまたどういった方法で相続対策するのかを知っている人は少ないと思います。

 

相続税の基本的な考え方。

 

まず、被相続人の財産の総額を計算する。主に

・現金、預金

・不動産

・有価証券

・保険金

 

一般的な人はこれぐらいだと思います。

この総額から控除額を引いて税額がかけられるという仕組みです。

ここまではなんとなくわかってもらえたと思います。

 

近年相続税の抜本的な変更がありました。それは基礎控除額の引き下げです。

 

平成27年1月1日相続開始(亡くなった日)からスタートしました。

 

基礎控除とは、簡単に言うと「基礎控除の金額を超えなければ相続税は発生しませんよ」っていう意味です。

 

平成27年以前の基礎控除は、

5000万円+(1000万円×法定相続分)です。

 

平成27年以降は、

3000万円+(600万円×法定相続分)です。

 

法定相続とは民法で決められた相続人の事で血縁関係にある人の事をいいますがここでは割愛したいと思います。

 

一般的な家庭をモデルにすると、父、母、息子、娘の4人家族でお父さんがなくなったとします。

そうすると法定相続人は3人になります。

 

平成27年以前の基礎控除は

5000万円+3000万円(法定相続人3人)=8000万円でした

 

平成27年以降は

3000万円+1800万円(法定相続人3人)=4800万円です。

 

お父さんの財産が6000万円あったとすると、平成27年より前は8000万円以下なので相続税は発生しません。

平成27年以降は6000万円-4800万円(基礎控除)=1200万円となり相続税が発生します。

 

これってすごく大きいことで、いままで相続税が発生しなかった人が発生するようになるんです。

 

この文章を読んで「私の家は4800万円もないわ」と思っている人も多いでしょう。

 

でも相続財産は居住している不動産にもかかってきます。

例えば、人気の住宅地に庭付き一戸建てに住んでいたらもしかしてそれだけで4800万円になるかもしれないです。

 

なので皆さん要注意です。

 

では世の中の相続対策とはどういったことでしょう、簡単にいうと財産を評価する上でいろいろな減額の特典があります。

例えば、住んでいる家をそのままの評価で計算したらかわいそうだから住んでいる家は評価額の80%減額しましょう、等いろいろあります。

 

そういった特典をいっぱい使いましょうという事です。

 

今回はここまでです

相続

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
生前品整理・遺品整理・生活支援・財産整理
高齢者の総合相談窓口「生心伝心」(いしんでんしん)
住所:〒476-0002 愛知県東海市名和町1-69 大法ビル1F
電話:0120-279-974(フリーダイヤル)
mail:contact@ishindenshin.info
24時間365日問合せOKです。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞