こんにちは生心伝心スタッフの太田です。

 

何回かに分けて相続税をやってきましたが、今回はまとめをやっていきたいと思います。

細かい事を挙げていくときりがないので、皆さんにはざっくりとしたイメージを持っていただければ幸いです。

まとめ

 

相続税は被相続人(亡くなられた方)の財産を全て評価し、その合計額が基礎控除以上であれば、相続の開始を知った日から10か月以内に申告し、納税しなければなりません。また、申告する事によって特例が認められる場合があるので納税が0円でも申告しなければならい場合があります。

被相続人の負の財産(借金等)も相続するため、負の財産しかなければ相続の開始を知った日から3か月以内に相続放棄しなければなりません。

 

基礎控除とは(3000万円+法定相続人×600万円)

 

であります。

 

この基礎控除が平成27年から大幅に下がりました。

新聞でも何かと騒がれていましたが、基礎控除?と思う人もきっといたはずです。

知ってる人からしたら「えらいこっちゃ」です。

例を挙げると以下の通りです。仮に被相続人の財産の合計が5000万円だとしたら・・・

改正前の基礎控除の計算方法

基礎控除の金額 5,000万円+1,000万円×2 = 7,000万円 相続財産5,000万円 < 基礎控除7,000万円

⇒基礎控除が相続財産を上回るので相続税の納税なし

改正後(平成27年以降)の基礎控除の計算方法

基礎控除の金額 3,000万円+600万円×2 = 4,200万円 相続財産5,000万円 > 基礎控除4,200万円

⇒相続財産が基礎控除を上回るので相続税の納税が発生

 

何回かに分けて説明しましたが、私が一番言いたかったのはこのことです。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
生前品整理・遺品整理・生活支援・財産整理
高齢者の総合相談窓口「生心伝心」(いしんでんしん)
住所:〒476-0002 愛知県東海市名和町1-69 大法ビル1F
電話:0120-279-974(フリーダイヤル)
mail:contact@ishindenshin.info
24時間365日問合せOKです。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞