こんにちは生心伝心スタッフの太田です。

 

今回は、完全に個人的な話になるのですが、私自身あと1週間もすれば40歳の誕生日を迎えます。

 

みなさん、こんな言葉を知っていますか?

『吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る』という、孔子の有名な人生訓があります。

この40にして惑わずの意味に新説があるみたいです

今まで伝わってきた意味

これまでは、不惑は、四十になれば迷いがなくなり、ふらふら放浪せず、自分の生き方や行動に従い人生を生きてゆけるということだと解釈されてきました。

三十で自立し、不惑を経て、五十に天命をさとり人生を全うする。

不惑の別の意味

実は、不惑は不惑でなく、「不或」だったんです。不或とは、「区切らず」の意で、本当は「四十にしてくぎらず」と解釈すべきであるということです。

四十にもなればある程度の成果を出し、自分に自信を持って迷いがなくなるのかもしれないけれども、そこにしがみつかず、新しい領域にチャレンジしていかなければいけないよ、というメッセージらしいんです。

ちなみにこの主張の根拠としては、「惑」という字は、孔子の時代には存在しないためらしいです。だから、音と形が似た「或」だったんじゃないかと言われているんです。

 

なんと衝撃的!!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
生前品整理・遺品整理・生活支援・財産整理
高齢者の総合相談窓口「生心伝心」(いしんでんしん)
住所:〒476-0002 愛知県東海市名和町1-69 大法ビル1F
電話:0120-279-974(フリーダイヤル)
mail:contact@ishindenshin.info
24時間365日問合せOKです。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞