こんにちは生心伝心スタッフの太田です。

 

突然ですが、こんなこと聞いたことありませんか?

あるパートタイマーの主婦が年末ごろに給料が103万円超えそうなのであまり仕事ができない。または、年間収入を103万円以内におさえなくちゃ。あと、103万円超えそうだから旦那の扶養から外れちゃう。等

 

 この意味ってみなさん知ってますか?

ほとんどの方はなんで103万円なのか知らないと思います。僕は上記のような言葉を発した人で、なんで103万円なのか知っている人はいなかったです。なぜ103万円なのか知らないのに数字だけが独り歩きしているって状態です。これってものすごく怖い事なんですよ。知ってる人からすれば…

 

103万円というのは所得税法の扶養の中でも「配偶者控除」とよばれるところに起因します。

 

話は戻りますが、一言で扶養って言ってもたくさんの法律が絡んでいるんですよ。

 

・所得税法の扶養

・健康保険・厚生年金の関係の扶養

・会社独自の家族手当等に関する扶養

 

「等」と書いたのはその他にもたくさんあるらいしいです。ちなみに僕は知らないですが…。

扶養と一言で言っても、それぞれ扶養の概念や条件が異なります。難しいですね。一般の人は全部を理解することは無理だし僕も無理です。一本化の条件にしたらいいのにと常日頃思ってます(これは独り言です)。

 

 ということで今回はここまでです。来週は103万円の謎に迫ります。これも立派な所得税の話です。

gatag-00007355[1]

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
生前品整理・遺品整理・生活支援・財産整理
高齢者の総合相談窓口「生心伝心」(いしんでんしん)
住所:〒476-0002 愛知県東海市名和町1-69 大法ビル1F
電話:0120-279-974(フリーダイヤル)
mail:contact@ishindenshin.info
24時間365日問合せOKです。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞