こんにちは生心伝心スタッフの太田です。

 

 

 

今回は前回の予告通り年末調整の話ちょっと長いけど読んでください。

 

 

 

年末調整とは、サラリーマンの確定申告で、年末調

 

整は日本独特の制度でアメリカでは年末調整はなくみんな確

 

定申告をするのです。本来ならみんな確定申告をしないとい

 

けないのですが、国が「一か所だけの給与収入の人

 

は確定申告させるのは大変だから企業に任せ

 

ちゃおう」って感じで企業が従業員の確定申告を本人に

 

代わって計算し毎月預かっている源泉所得税の合計と確定

 

申告で計算した所得税の額とを比較して、還付や徴収をす

 

るのです。これが年末調整です。

 

 

これを聞いて「日本って本来やらないといけない

 

確定申告を企業にやらせて本人の事務負担を

 

減らすってなんていい国なんだ」って思う人も

 

います。確かにいい制度かもしれません。

 

 

 

半面、納税意識が低くなると私は勝手に考えます。みなさん

 

自分が年間所得税いくら払ってるか知ってますか?確定申告

 

を毎年自分でやっている人は大体わかってると思いますが、

 

年末調整を受けている人は大半の人はわかってないはず

 

です。

 

 

話が脱線しましたが戻します。

 

 

みなさん、給与明細を見たときに源泉所得税を徴収されてい

 

ると思います。この金額は例えば月の給与の総支給が30万

 

だとします。そうすると年間360万円の給与収入になるの

 

で年収360万円の人の所得税を計算して12か月で割った

 

金額を毎月徴収します。「毎年一回で年間の所得税

 

収めるのが大変だから、12か月で割った金

 

額を仮で徴収しとくね」って感じです。

 

 

給与は毎月決まった金額とは限りません、少額でも多い時も

 

あれば少ない時もあります。年間の給与の総合計を出して所

 

得税を計算して、毎月仮で徴収していた源泉所得税の合計と

 

比較して仮で徴収していた金額が多い時は「還付」仮で徴

 

収していた金額が少ない時は「徴収」となります。

 

 

ここで分かると思いますが「還付」でも「徴収」でも給与の

 

額が同じであれば損得はないってことです。「還付が多

 

いと得をした、とか、徴収で損をしたってこ

 

とはなく」結局は同じなのです。還付が多いとい

 

うことは毎月の源泉所得税で引かれる金額が多かった。徴

 

収の人は毎月の徴収額が少なかったってことです。

 

まっ気分的なものは多いにありますが・・・・・

 

 

大体の人は給与のブレが年間を通してあまりないので還付に

 

なる人が大半です。では、どういった人が徴収になるのでし

 

ょうか。

まず前提として日本の所得税は累進課税ってことです。

 

 

累進課税?

 

 

ズバリ 所得が多い人は税率を高くしようってことです。

 

 

 

今所得税率で一番低い率で5%一番高い人で45%です。

 

ということは、下半期に急激に給与が増えた人は年収が上が

 

るから税率も上がります。そうすると上半期の仮の徴収額で

 

は追いつかなくなります。なので年末調整で徴収という現象

 

が起こります。逆に下半期で給与が急激に下がった人は税率

 

が低くなるので上半期で徴収した額が多すぎるので還付にな

 

ります。

 

 

なんとなくわかりましたか?次回は年末調整の具体的な計算

 

方法をまとめていきたいと思います。

 

 

画像は所得税の確定申告書の未記入の状態の用紙です(ちょ

 

っと古いかも知れまが・・・)

 

 

来週はこれを基に話を進めていきたいと思います。

 

確定申告用紙

 

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
生前品整理・遺品整理・生活支援・財産整理
高齢者の総合相談窓口「生心伝心」(いしんでんしん)
住所:〒476-0002 愛知県東海市名和町1-69 大法ビル1F
電話:0120-279-974(フリーダイヤル)
mail:contact@ishindenshin.info
24時間365日問合せOKです。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞